ガーシュイン ラプソディー イン ブルー。 「ラプソディー・イン・ブルー」を聴く

ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」が流れるとマンハッタンが浮かぶのはなぜだ!?

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

👈 音質が太めで、クラリネットのグリッサンドは、これでもかぁ~っと、のびているし、特に、トランペットのフラッターが、おもしろい。 グローフェは当時、ホワイトマン楽団のピアニストであるとともに専属の編曲者を務めていた。

演奏はその割に平板な印象。

ガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」が流れるとマンハッタンが浮かぶのはなぜだ!?

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

🍀 無理だよな~。 CM曲 [ ]• 最後は,最初に出てきた主題が豪快に再現し,ミュージカルやショーのエンディングのような感じで結ばれます。 ブラスの音色も充分だし、いつもながら明るくて、開放的なトーンだ。

7
ところどころ、縦糸があっていないし、破綻しそうになってるんだけど・・・。 クラシック音楽においても特にトロンボーンで印象的に用いられる機会は多いかと思いますが、クラリネットで用いられることは現代音楽を除いては稀なのではないでしょうか。

ガーシュイン/ラプソディー・イン・ブルー

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

👉 また、ピアノ・ソロ版とオーケストラ共演版の出版譜は、発想 記号を加えられ(誰によって?)、ジャズ風であるべきなのがロマンチックになったのだという。 ここまで、やっちゃうかぁ~という感じもするが、この即興性が癖になっているので、ここを、あっさり、さっぱり、するり~っと簡単に演奏されちゃうと、モノ足らないぐらい。 ワタシ的には、ずーっと、プレヴィン盤を愛聴してきちゃったので、今更、裏切れないんだけど~ でも、バーンスタインさんの自由度というか、タメ感というか、クラシックの範疇からは、遙かに超えちゃっているで~ これは良いわと、思わず拍手なのである。

5
録音のせいか、やや低音が不足気味だが、ビートは感じられる。 まるで恵比寿駅のホームに入ると、「第三の男のテーマ」が流れるように、JFK国際空港への着陸態勢になると、ジョージ・ガーシュウィンのピアノ独奏と管弦楽のための音楽作品「ラプソディー・イン・ブルー」が流れたものだ。

ガーシュインは「ラプソディー・イン・ブルー」を作曲する際グロフェにオーケ...

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

🙏 兄は自分から辞退し、代わりに弟がレッスンを受けるようになった。 ガーシュウィンは、この曲を約2週間で一気に書き上げた。 なんですが~ スィングするような、曇ったムード、雰囲気は皆無っぽいです。

[1] ポール・ホワイトマンとガーシュインが初演する際に作られた版。

ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」解説と名盤

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

🤐 ロンドン響の首席指揮者時代に「春の祭典」の実演を聴いたことがありますが、シャープで透明度の高い名演奏を聴かせてくれました。 とりあえず、内容を一時的にに転載しておき、作者の連絡を待つことにします。 が『』を作曲した時には、などよくわからなかったらしいのですが、専門家の手を借りながら作り上げたそうで、これまで慣れ親しんでいたジャズとクラシックを見事に癒合させた名曲です。

「らしど ど~れみふぁそ~ ら~ らしど ど~れみふぁそ~ ら~ れみふぁ ふぁ~そらし どれみ み~ふぁそら」 ふむ。

ラプソディー・イン・ブルー ガーシュウィン 解説と試聴

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

🤣。 1926年オーケストラ稿 [ ] この曲の成功を受けて、グローフェがオーケストラ用に再編曲した稿。

5
のCM(2000年)。

ガーシュイン 「ラプソディー・イン・ブルー」

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

👎 同じソング・プラガーだったアーヴィング・バーリンやジェローム・カーンと出逢ったのもこの頃だ。

ある日のこと。 ガーシュウィンが、2台のピアノを想定しながら作曲し、それを即座にグローフェがオーケストラ用に編曲していき、結局はガーシュウィン自身が弾くピアノと小編成のジャズバンド向けの版が完成された。

ガーシュイン/ラプソディー・イン・ブルー

ブルー イン ガーシュイン ラプソディー

🎇 ピアノ独奏が入るため、一種の風な雰囲気もある。 『』第3集「それはマンハッタンから始まった」。

4
この稿はに、がガーシュウィンの遺した(後述)からオーケストラ・パートを削除しソロ・パート部分のみにしたものをソロに用い、コロンビア・ジャズ・バンドを指揮してレコーディングを行い、その後世界的に知られるようになった。