旅客 自動車 運送 事業 運輸 規則。 ○旅客自動車運送事業運輸規則

旅客自動車運送事業運輸規則 昭和31年8月1日運輸省令第44号

運送 規則 事業 運輸 自動車 旅客

🙃 改正:• 改正:• 改正: 昭和45年10月30日運輸省令第87号〔第一〇次改正〕• 放射性同位元素等車両運搬規則等の一部を改正する省令• (平成三十年国土交通省令第十九号)• この場合において当該旅客自動車運送事業者は、当該記録すべき事項のうち運行記録計により記録された事項以外の事項を運転者ごとに当該運行記録計による記録に付記させ、かつ、その付記に係る記録を一年間(一般乗用旅客自動車運送事業者にあつては、事業用自動車ごとに整理して一年間)保存しなければならない。

18
改正:• 旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令• 改正: 平成11年3月29日号外 運輸省令第13号〔港湾運送事業会計規則等の一部を改正する省令二条による改正〕• 一 未使用の普通乗車券及び回数乗車券にあつては、通用期間内に限りその運賃 額 二 通用期間前の定期乗車券にあつては、その運賃額 三 通用期間内の定期乗車券にあつては、通用期間の始めの日から運賃払戻の請求があつた日までを使用済期間とし、これを一日二回乗車の割合で普通運賃に換算し、その金額を運賃額から控除した残額(次項の場合にあつては、その運賃額を日割りにした金額に通用期間から使用済期間を控除した残りの日数を乗じた金額) 2 一般乗合旅客自動車運送事業者は、乗車券の様式の変更その他の理由によりすでに発行した乗車券を無効とする場合は、無効とする日の少くとも一月前に、公示の日から無効とする日の少なくとも二月後の日までの間において乗車券の引換又は運賃の払戻をする旨の公示を営業所及び当該乗車券に係る運行系統を運行する事業用自動車内にしなければならない。 R02. 一 旅客の運送を継続すること。

○旅客自動車運送事業運輸規則

運送 規則 事業 運輸 自動車 旅客

😁 3 旅客自動車運送事業者は、従業員に対し、輸送の安全及び旅客の利便を確保するため誠実に職務を遂行するように指導しなければならない。 施行日降順• 改正:• 改正:• 三 旅客の利便を著しく阻害するおそれがあるとき。

(2)旅客自動車の運行の実態を把握するため、一般貸切旅客自動車運送事業及び一般乗用旅客自動車運送事業の運転者の 乗務記録に旅客の乗車区間を、一般貸切旅客自動車運送事業者の運行指示書に旅客の乗車区間及び旅行業者等貸切契約の相手方を記載するように義務付け。

一般旅客自動車運送事業会計規則 昭和39年3月31日運輸省令第19号

運送 規則 事業 運輸 自動車 旅客

⚑ )に車掌を乗務させなければ、これを旅客の運送の用に供してはならない。 以下同じ。 (平成二十八年国土交通省令第七十八号)• 法令の情報• 2 旅客自動車運送事業者は、前項の苦情の申出を受け付けた場合には、次に掲げる事項を営業所ごとに記録し、かつ、その記録を整理して一年間保存しなければならない。

16
廃止: この法案の審議経過が掲載されている国会会議録のタイトルと掲載ページを、会議開催日の順に表示します。 改正:• 1.改正の概要 <旅客自動車運送事業運輸規則> (1)1日の勤務時間中に乗務員の属する営業所で勤務を終了することができない運行を指示する場合に、 旅客自動車運送事業者が乗務を終了する場所等において乗務員の睡眠のための施設を確保するよう義務付け。

旅客自動車運送事業運輸規則

運送 規則 事業 運輸 自動車 旅客

☭効力:有効• (事故による死傷者に関する処置) 第十九条 旅客自動車運送事業者は、天災その他の事故により、旅客が死亡し、又は負傷したときは、次の各号に掲げる事項を実施しなければならない。 また、一般貸切旅客自動車運送事業者が運行ごとに作成する 運行指示書に、乗務員の睡眠のための施設の位置及び名称を記載させるとともに、 一般貸切旅客自動車運送事業者、一般乗用旅客自動車運送事業者等に対して、運転者の乗務記録に、乗務員が睡眠した施設の位置及び名称を記載させるよう義務付け。

2 一般旅客自動車運送事業者(一般乗合旅客自動車運送事業者を除く。 改正:• 一 苦情の内容 二 原因究明の結果 三 苦情に対する弁明の内容 四 改善措置 五 苦情処理を担当した者 第二章 事業者 (運賃及び料金等の実施等) 第四条 一般旅客自動車運送事業者は、運賃及び料金並びに運送約款を営業所に公示した後でなければ、これを実施してはならない。

旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令案に関する意見募集について|国土交通省

運送 規則 事業 運輸 自動車 旅客

😩 2 旅客自動車運送事業者は、乗務員が有効に利用することができるように、休憩の施設を整備し、及び乗務員に睡眠を与える必要がある場合又は乗務員が勤務時間中に仮眠する機会がある場合は、睡眠又は仮眠に必要な施設を整備し、並びにこれらの施設を適切に管理し、及び保守しなければならない。 持続可能な運送サービスの提供の確保に資する取組を推進するための地域公共交通の活性化及び再生に関する法律等の一部を改正する法律の施行に伴う国土交通省関係省令の整備等に関する省令• 改正: 平成12年3月30日号外 運輸省令第15号〔港湾運送事業会計規則等の一部を改正する省令二条による改正〕• (異常気象時等における措置) 第二十条 旅客自動車運送事業者は、天災その他の理由により輸送の安全の確保に支障が生ずるおそれがあるときは、事業用自動車の乗務員に対する必要な指示その他輸送の安全のための措置を講じなければならない。

旅客自動車運送事業運輸規則 昭和31年8月1日運輸省令第44号 メニュー この画面で利用できる機能は次のとおりです。 R01. (早発の禁止) 第十二条 一般乗合旅客自動車運送事業者は、第五条第一項第三号及び同条第二項第三号の規定により営業所及び停留所に掲示した発車時刻前に、事業用自動車を発車させてはならない。

貸切バス事業者のための各種様式(順次更新致します)

運送 規則 事業 運輸 自動車 旅客

☎ 3 旅客自動車運送事業者は、乗務員の健康状態の把握に努め、疾病、疲労、飲酒その他の理由により安全な運転をし、又はその補助をすることができないおそれがある乗務員を事業用自動車に乗務させてはならない。 (令和元年国土交通省令第四十七号)• 一 貨物の運送を継続すること。 )の氏名 六 事故の概要(損害の程度を含む。

19
(過労防止等) 第二十一条 旅客自動車運送事業者は、過労の防止を十分考慮して、国土交通大臣が告示で定める基準に従つて、事業用自動車の運転者の勤務時間及び乗務時間を定めなければならない。