アクセンチュア 中途。 現役社員が語る、アクセンチュアに転職するなら知っておくべき基礎知識

アクセンチュアへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

中途 アクセンチュア

🔥 身元調査は会社によってはあるみたいですね。

17
場所 WEB 時間 1時間 面接官 1名(マネジング・ディレクター) 内容 WEB面接 連絡 1営業日後 応募枠 ビジネスコンサルティング 結果 通過! アクセンチュアの二次面接の質問内容 1.自己紹介(5分) ・職務経歴 2.メイン質問(25分) ・転職理由 ・志望理由 ・英語力(英語に対する抵抗感、TOEICの点数など) ・開発経験 ・リーダー経験の苦労や失敗談 ・チームワークの経験 ・現在の会社におけるプロジェクトの説明 ・社会人になって挑戦したこと ・資料作成力(パワーポイント、エクセル) ・現在の年収 ・希望年収 ・他社の選考状況 コンサルは基本的にチームワークを重視するため、現職でのリーダー経験、関わったチームの規模などの質問を深堀りされました。 その事実を物語っているのは、過去にアクセンチュアで働いていた社員の口コミなどを見れば明らかです。

現役社員が語る、アクセンチュアに転職するなら知っておくべき基礎知識

中途 アクセンチュア

🤞 コンサルティング…企業変革のパートナーとして経営課題にアプローチする部署• また昨今アクセンチュアでは『Project PRIDE』という活動に力を入れており、18時以降の会議を原則禁止にしたり、一定以上の有給休暇の取得・リモートワークをプロジェクト内でも推進するなどの取り組みにより、社員の平均残業時間を大幅に減少させることに成功しています。 ・海外留学や漫才、旅行など幅広く様々な活動をしていますが、どのようなモチベーションで行動されてきたのでしょうか。

19
など、扱っている求人・情報の量の多さについて評価していました。 んで、やべー落ちるフラグだなと思ってクイックな回答に切り替えられたので良かったのかなと。

外資系総合コンサルファーム「アクセンチュア」の一次面接はどんな感じなのか。

中途 アクセンチュア

🤲 アクセンチュアだけでなく、戦略系コンサルやBIG4などにも強いため、 コンサルティングファームへの転職を考えている人は登録しておくことをおすすめします。

13
なんとなく居心地も良くない。

外資系総合コンサルファーム「アクセンチュア」の一次面接はどんな感じなのか。

中途 アクセンチュア

😩 転職コンサルタントの知識レベルが高く、経験も豊富なため、 情報収集のためだけでも登録することをおすすめします。 ここまで説明した、3つの面接官の観点に対し、失敗を生かすための戦術について紹介したいと思います。 ボーナスなしの年俸制です。

7
アクセンチュアについて アクセンチュアの場合は5つのサービス領域と、5つのインダストリーに分かれています。 ・アクセンチュアに入ってすぐに、やれている仕事のレベルの高さを実感している ・情報の整理の仕方という点では、この会社でなければ、つけられない能力がついた ・入社3年目にして、20年働いてきた中途で入ってきたおじさんよりも、自身の情報の整理という能力に関しては、優っていると感じている ・質の高い仕事をこなす力が、まわりの他の会社に勤める友達と比べても、身に付けられていると実感している 上記はに参加した際に社員の方が話されていたことの僕のメモです。

【内定もらえました】アクセンチュアに転職 圧迫面接だった?二次面接のコツをお伝えします!【中途採用】

中途 アクセンチュア

🤣 あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない• 個人的には、アクセンチュアの社員は皆やる気もあり優秀ですし、5年程度在籍して入れば非常にコンサル能力も高く優秀なので、もっと事業会社にハイポジションで転職して日本のために活躍して欲しいのですが、如何せん日本の大手企業は ・年功序列 ・新卒文化 なので、年配の人や新卒社員を優遇しています。

16
当然プロジェクトに最初から最後までコミットした方が周囲の人間からの評判は良くなりますが、梯子をつないでキャリアレベルを上げていく社員も一定数存在します。

現役社員が語る!アクセンチュア(コンサルタント)の年収・ボーナス事情は…?

中途 アクセンチュア

🐝 ちなみに、どの転職エージェントも営利企業なので、あくまで転職エージェントを信じすぎずに、転職希望者が転職エージェントを使用するという原則を忘れないでください。 逆にプラス要素だったのが、基本給が現職よりも結構良かったので残業代の時間単金が上がる計算。

5
8:アサインメントについて =自身のビジョンとの比較orキャリアイメージがつくれる 自分のことを聞く2例 自分にフォーカスした質問例です。 今後、アクセンチュアに依頼される仕事の大部分に海外案件が混ざってくることは時代の流れからしても確実です。