チャイコフスキー ピアノ 協奏曲。 ピアノ協奏曲第1番 (チャイコフスキー)

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op.23 名盤: ハルくんの音楽日記

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

🖖 オケの方が、がぜん、聴き応えがあるな~と、ヴァイオリンの弦の後ろの木管の音に聞き惚れていたら・・・ ドシドレ・・・・と、怒ったように大きな杭を穿つごとく、ゴン!と、ピアノの音が鳴り始めた。 「ふぁどぉ~れ らみ~ふぁ どしれど しらそれ みみら~み らしみど そら みど~れ ふぁどぉ~・・・」 歌うところは、みごとにフレーズを膨らませて、ゆったり優美に歌う。

18
このピアノのタッチや音色の変化が、粋で~ 楽しい。 まずはダイジェストで聴いてみよう! ホルンが奏でる雄大な序奏に続きピアノの力強い和音が響き渡り、弦楽器がロマン溢れる美しい調べを奏でます。

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調op.23 名盤: ハルくんの音楽日記

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

🤔 弾(はじ)けるような感情と、 憐(あわ)れみ深いあたたかさ、 たくさんの変化が楽しめる名曲ですね。 どことなく平凡な感じを受けるのだが、なぜだろう。

19
ピアノはかなり速く弾いているけれども全く乱れがなく、しかも打鍵が力強い。

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 「頭のなかの♪おたまじゃくし」 ~クラシック音楽を聴いてみよう~

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

👌。 音色はやや暖色系と言えるだろう。 緩徐楽章であってもスヴェトラーノフとロシア国立響は音圧が凄く、期待を裏切らない。

15
主部(4:31~)は中の遅。

チャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番」|ボリス・ベレゾフズキー(ピアノ)&キタエンコ&モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団|わたなびはじめの芸術的散歩道【なびさんぽ】

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

👌 C standard version First Perf ormance. 息継ぎができないほど、のびて のびきって~ 音が垂れはじめたその頃。 二面性のある個性的な演奏。 チャイコの多彩な顔が見えてくる。

12
遅めのテンポで、ゆったり、大らかに演奏されている。 ギレリスのピアノも若い頃よりも表現が豊かになり、それに加えてライブならではの気迫が素晴らしいです。

チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第3番

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

☺ 「れし~ど そど~れ らそしら そふぁみし どど ふぁ~ど ふぁられし」 「れし~ど そど~れ らそしら そふぁみし どど らふぁみれ らそふぁそ らふぁみれ しらそら~」 「ら しどれ れ みふぁそ そらしど どれみふぁ・・・」、打ち込みの強い音で上がっていくところがある。 金管も勇壮に響いているし、迫力も十分である。

7
テンポは早めですが、味の濃さはちょっと比類が有りません。

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番【名盤5枚の解説】華麗さと憂いの中に、癒やしの光を感じとろう!

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

😩 と思って聴いていたのだが、そのうち、段々遅くなってきて、ますます遅くなってきて~ えっ 壊れたの。 間違っても、ギレリス盤のような、鉱物資源のような、硬いピアノではない。 ヌケるような音質で、繊細なピアノを傷つけないように寄り添っていく。

ピアノの繊細で、硬めの音色、かわいらしさがあるのに、オケがサポートできていないような気がする。 と思っていたのだが、まずまず、静謐な感じがして好ましい。

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番【名盤5枚の解説】華麗さと憂いの中に、癒やしの光を感じとろう!

ピアノ 協奏曲 チャイコフスキー

👇 1868 年にいわゆる「バラーキレフ・サークル」(俗に「ロシア五人組」とも)の人々との交際が始まることも、この時期の特筆すべき出来事だろう。 3楽章はギレリスの独壇場で、白熱しているにもかかわらず安定感を感じます。 2021年こそは美術検定2級合格を目指して、再チャレンジします! なびさんぽ、よろしくお願いします。

16
RCAは放送した録音を元にマスターテープを作って商品化したようですが、その過程でかなり苦労をしたらしく、ライブであるにもかかわらず1941年の録音と音質的に大きく遜色がない点もすばらしいです(好き嫌いの差はあるでしょうが)。