防災 減災 対策 等 強化 事業 推進 費。 防災・減災対策の推進や令和2年7月豪雨対策等に緊急予算支援~ 令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費(第2回)が配分されます ~ |国土交通省近畿地方整備局

防災・減災対策の推進や台風・豪雨対策等に緊急予算支援します~令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費を配分(第3回)~ |国土交通省近畿地方整備局

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

😭 防災・減災対策やリスク情報の収集手段として活躍するFASTALERT 日本政府が掲げる「仮想と現実を融合させ、経済発展と社会的課題の解決を両立させる」Society5. 最後に 災害はいつどこで発生するのか分からず、被害を最小限に抑えるためには事前に適切な対策を導入しておくことが必要不可欠であり、地域の防災レジリエンスを高めるために多くの公共事業が防災・減災対策等強化事業推進費を活用して、さまざまな対策に取り組んでいます。 同推進費は、近年多発する激甚災害を踏まえ、国民の安全・安心の確保を一層図るため、年度途中に緊急的かつ機動的に実施する防災・減災対策の強化を行う事業に配分される予算。

この記事を読むことで 防災・減災対策等強化事業推進費を活用するためのヒントが分かるので、ぜひ自治体の担当者は最後まで読み進めてください。 そこでこの章では自治体における主な防災減災対策等強化事業推進費の活用事例を説明していくので、ぜひ参考にしてください。

関東地方整備局における防災・減災対策等強化事業推進費(令和2年度第3回)の概要

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

💅 昨年の台風19号を踏まえ策定された「既存ダムの洪水調節機能の強化に向けた基本方針」に基づき、県はダムの情報網を整備し、ホームページの河川防災情報を充実させるため、同予算を活用して本年度内にダム管理所内の制御設備を更新する。 【山形県】総合的な浸水対策及び海岸浸食対策 防災・安全 山形県東根市では、令和2年7月豪雨によって白水川が越水し、堤防の決壊や家屋浸水など甚大な被害が発生しました。 0を実現するために自治体・企業はAIやIoTなどの最先端テクノロジーを使った様々な取り組みを行なっています。

なお第2回は9月中旬に、第3回は11月中旬に配布予定。

令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費を配分(第2回) 防災・減災対策の推進や令和2年7月豪雨対策等に緊急予算支援! いさぼうネット

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

👎 国立社会保障人口問題研究所は、2025年には1億2,000万人を割り込むと推計している。 地域の防災力向上につながる公共に向けた防災・減災対策等強化事業推進費 近年は西日本豪雨や熊本地震、令和2年7月豪雨など深刻な被害をもたらす災害が頻繁に発生しています。 さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。

6 人以上の人が見えることで「にぎわい」 を 感じるとされている等、人の集まり度合いと 「にぎわい」とは密接な関係があるとされています。

令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費を配分(第2回) 防災・減災対策の推進や令和2年7月豪雨対策等に緊急予算支援! いさぼうネット

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

😅 4億円) (3).交通事故の再発防止対策 [1]交通安全対策(2件、約13億円) 「防災・減災対策等強化事業推進費」とは、大雨や地震等による災害を未然に防ぐ事前防災対策のうち地域等の課題が解決し事業の実施環境が新たに整った対策や、大雨による浸水被害等が発生した地域において再度の被災を防止するために緊急的に実施する対策等に対して年度途中に機動的に予算を配分し、防災・減災対策を強化する予算です。

18
そこで山形県は「」で発表されているとおり、防災減災対策等強化事業推進費を使って今後の豪雨による被害防止のために白水川の築堤工事を実施し、洪水による浸水リスクの低減を図るとしています。 【石川県金沢市】安全安心で暮らしやすいまちづくり 防災・安全 石川県金沢市では、2020年7月8日に市内にある卯辰山公園でがけ崩れが発生し、近隣の道路の交通規制を実施しました。

高齢者施設等の防災・減災対策推進事業 東京都福祉保健局

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

🙄 国土交通省が発表する「」で説明されているとおり、宮城県角田市は、防災減災対策等強化事業推進費を活用し再度災害防止対策として、台風による被害を受けた市道駅前花島線に1,310mの止水壁工を整備するとしています。 そこで今回はそんな方のために防災・減災対策等強化事業推進費の概要と自治体における主な活用事例などを説明していきます。

15
今回は事前防災・減災対策に約68億円(27件)、再度災害防止対策に約11億円(3件)が配分される。 BCPや防災対策などを目的としてすでに全ての民放キー局や大手報道機関、一般企業、自治体で幅広く導入されているは次の4つのメリットがあるため、迅速なリスク情報の収集と初動対応を開始することができるのです。

防災・減災対策の推進や令和2年7月豪雨対策等に緊急予算支援~ 令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費(第2回)が配分されます ~ |国土交通省近畿地方整備局

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

⌛ アーカイブ• 2020年12月2日 防災・減災対策の推進や台風・豪雨対策等に緊急予算支援します ~令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費を配分 第3回 ~ 概要 国土交通省では、「防災・減災対策等強化事業推進費」について、令和2年3回目の配分を行います。 〇対策件数:72件 〇配分額:約166億円(国費) 「防災・減災対策等強化事業推進費」は、令和2年度より事前防災・減災対策についても拡充され、今回だけでも49件、約117億円の予算がついています。

12
対策件数:72件 配分額:約166億円(国費) 「防災・減災対策等強化事業推進費」は、 大雨や地震等による災害を未然に防ぐ 事前防災対策のうち地域等の課題が解決し事業の 実施環境が新たに整った対策や、 大雨による浸水被害等が発生した 地域において再度の被災を防止するために 緊急的に実施する対策等に対して 年度途中に機動的に予算を配分し、 防災・減災対策を強化する予算です。

高齢者施設等の防災・減災対策推進事業 東京都福祉保健局

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

😘 この状況を受けて日本政府は、地域の防災レジリエンスを高めて住民を守るために様々な取り組みを推進しています。

【島根県】総合的な水の安全・安心基盤整備 防災・安全 河川 島根県江津市和木町では、2020年5月20日に波浪によって海岸が侵食したことで海岸沿いの道路が損傷し、9日間の通行止めが発生する事態に陥りました。 。

関東地方整備局における防災・減災対策等強化事業推進費(令和2年度第3回)の概要

減災 対策 等 費 推進 強化 防災 事業

⚓ 2020年10月13日 防災・減災対策の推進や令和2年7月豪雨対策等に緊急予算支援 ~ 令和2年度 防災・減災対策等強化事業推進費(第2回)が配分されます ~ 概要 国土交通省では、「防災・減災対策等強化事業推進費」について、令和2年2回目の配分を行います。 高齢者に占める単身世帯割合は、 三大都市圏が地方圏を上回って推移。

19
内訳は下記のようになっております。 <配分事業の概要> (1).災害が起きる前に被害を防止する事前防災・減災対策 [1]洪水対策(9件、約51億円) [2]崖崩れ・落石対策(3件、約4億円) [3]港湾施設・鉄道施設の耐震化(11件、約34億円) [4]ホームドア整備(26件、約28億円) (2).被災地域での再度災害防止対策 [1]洪水対策(11件、約27億円) [2]高潮・波浪対策(2件、約4億円) [3]崖崩れ・落石、雪崩の対策(7件、約4. 【宮城県角田市】宮城県の市街地における台風第19号災害からの復興を推進する社会資本整備 防災・安全 宮城県角田市では、令和元年東日本台風に伴う豪雨によって、尾袋川が越水し、家屋浸水などの被害が発生しました。