熊本 市 避難 所。 避難所で心配される卑劣な「性被害」 熊本市が啓発チラシを配らざるを得ない被災地事情: J

避難所における新型コロナウイルス感染症への対応指針を策定しました

所 熊本 市 避難

♨ 集約場所の指定と住民への周知、集約場所の体制整備• 可能な限り多くの避難所の確保、避難所の活用スペースの見直し• さらに、取り上げられた例の中には、周りの女性が性被害に気づいているにも関わらず、「(男性が)若いからしかたないね」として見て見ぬふりをして助けてくれなかった、というケースもあった。 避難所の性被害について、防災アドバイザーの岡部梨恵子さんは16年4月16日に更新したブログで、「被災してすぐにやってほしいのは、 女を捨てること」だと指摘。 避難所の福祉避難スペースの確保• 効率的な把握体制の構築• チラシでは、こうした目を引く実例を取り上げつつ、避難所で生活する女性に対して「単独行動はしないようにしましょう」などと注意喚起。

1
16年5月2日現在、熊本県内の避難所で生活している人は、なお2万557人いるとみられている。 また、チラシの下部には熊本県警や区役所の福祉課など、10か所の相談機関の電話番号も掲載されている。

「避難所運営マニュアル」及び「福祉避難所運営マニュアル」について

所 熊本 市 避難

✆ 福祉避難所について 福祉避難所とは、主に障がいのある方、難病患者の方、乳幼児や妊産婦、認知症のある方、要介護認定の方など、避難生活において特に配慮が必要な方が滞在することを想定した避難所で、生活に必要な支援を受けることができます。 避難所内の感染防止対策の徹底(手洗い・咳エチケット等) 2 高齢者・障がい者など、要配慮者への適切な対応•。 男女共同参画センターの総務管理課は16年5月2日のJ-CASTニュースの取材に、今回のチラシを作成した理由について、 「女性への注意喚起はもちろんですが、避難所の運営者側に対しても、こうした性被害についての実態を知ってもらい、注意や配慮を行って頂くように訴える意味合いが強いです」 と話す。

1
行政と連携して避難所での掲示を進めているほか、センターの職員も15か所以上の避難所を直接訪問し、チラシの配布や声かけ運動を実施しているという。 感染防止の上で有効な物資・機材の確保(マスク、体温計、パーティション等)• 見て見ぬふりをして助けてくれない 避難所で、夜になると男の人が毛布の中に入ってくる(20代女性) 更衣室をダンボールで作ったところ上からのぞかれた(13~16歳女子) 避難所で成人男性からキスしてと言われた。

「避難所運営マニュアル」及び「福祉避難所運営マニュアル」について

所 熊本 市 避難

👐避難所における十分なスペースの確保、間仕切りの設置 等• 点在の抑制(指定場所への集約推進)• 性犯罪の被害を受ける確率を減らすため、ピンクや赤色など一目で女性と分かるような格好は避けるべきだと具体的なアドバイスを送っている。

13
県では、平成28年熊本地震の検証の結果、多くの市町村において、避難所運営マニュアルが作成されていなかったり、マニュアルが作成されていても活用されていない事例が見受けられ、避難者に寄り添った支援等に課題が判明したことから、今後の災害時において避難所運営を迅速かつ円滑に実施できるよう、要点を押さえたマニュアルを作成いたしました。 避難所は「女性が性被害を訴えにくい雰囲気」 男女共同参画センターは、「本震」が起きた4月16日の翌日からチラシ作りを開始し、22日までには配布を行っていた。

避難所における新型コロナウイルス感染症への対応指針を策定しました

所 熊本 市 避難

😭 続けて、阪神淡路と東日本の2つの震災時に避難所を訪れた経験があると述べ、 「阪神淡路の際には、避難所でのセクハラを報告した女性が『加害者も被災者なんだから、大目に見てやりなさい』と周りに言われたという話を耳にしました。 避難行動要支援者の現状確認及び避難方法の再確認 3 車中泊者など、避難所外避難者への対応• 避難所の開設から受入れ、運営、解消までの流れを時系列で明記しました。 避難行動の住民への周知• 避難所運営担当者が災害発生時に必要となる基本的な対応をひとつずつ確認できるように、文末に避難所運営チェックリストを明記しました。

3
避難所における具体的対策• その上で、こうした災害時の性被害対策については、「避難所や災害支援団体の運営に、女性が携わること」「災害発生前の段階で、女性の視点を加えた防災計画を立てること」の2点が重要だと改めて強調している。 また、東日本の時には、授乳室や更衣室の用意がない避難所があったのですが、食の問題や被災し建物の応急処置などが優先される状況の中で、女性が声を上げることができなかったそうです」 と当時の状況を語る。

避難所で心配される卑劣な「性被害」 熊本市が啓発チラシを配らざるを得ない被災地事情: J

所 熊本 市 避難

⚠ 周囲の人間に対しても、「見ないふり・知らないふりをせず助け合いましょう」と協力を求めている。

5
福祉避難所の指定とその周知、聴覚や視覚に障がいのある方のためのコミュニケーションツールなどの物資の確保、研修・訓練の実施など、平常時の取組みを明記しました。

避難所で心配される卑劣な「性被害」 熊本市が啓発チラシを配らざるを得ない被災地事情: J

所 熊本 市 避難

⚠ 一般避難所から福祉避難所へ移送が必要な方を確認するためのスクリーニングを明記しました。 トイレまでついてくる(6~12歳女子) 熊本市男女共同参画センターが熊本地震を受けて作成したチラシの中には、1995年の阪神淡路大震災と2011年の東日本大震災で報告された「避難所での性被害の事例」が紹介されている。 本県では、全ての市町村で指定されており、主に老人ホームや障害者支援施設、その他の社会福祉施設などが指定されていますので、お住まいの市町村における福祉避難所の指定状況や、避難の手順など詳しい内容は、市町村にお問い合わせください。

災害発生に備え、自宅・親戚や友人宅等への避難を含め、適切な避難行動を取ることを住民に周知• 一般の避難所にも、避難生活に困難が生じる要配慮者が避難することから、福祉避難スペースの確保について明記しました。