ガラス の 仮面 二 次 創作 小説。 LINK (ガラスの仮面)

ガラスの仮面投稿部屋<地下室>

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

⚛ (やっぱり速水さんはすごいな) - 好きだ - そんな真澄が自分に向けて、真っ直ぐな瞳で告げたあの言葉は間違いだったのではないか。 それこそ婚約だと結婚だのという話がでるように、真澄もいい年した大人の男である。

13
そんなマヤをぎゅうっと真澄は抱きしめて、顔を見ないようにして口を開く 「君は世界中のメディアに称賛されている。 こんな水城だからあの真澄のサポートをできる、逆に言えばこんな水城をサポートにできる真澄自身はもっとスゴイ人なのであって (…久し振りに逢えるのに) マヤの胸を占めるモヤッとした想いがぶわっと膨らむ。

LINK (ガラスの仮面)

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

🤭 水城という有能な人のサポートがあるとはいえ、自分自身も夜遅くまで働かなければいけないほどの仕事をする人なのだとここに来ると改めて考えさせられていた。 まさに『一難去って、また一難』、これが恋愛、少女マンガの王道的展開。 そもそもマヤは隠し事に向いていない。

13
今はスキャンダルは御法度な時期。

ガラスの仮面投稿部屋<地下室>

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

👎 この状況を生んだ大都芸能社長である速水真澄に対する想い、色艶の想いでは一切なく苛立ちや焦燥感である。 「マヤ」 「水城さん?」 「警備から連絡もらってそろそろかな、って」 扉を叩くことに躊躇していたら扉が内側から開かれて、現れた水城ににっこり微笑まれ招き入れられた。 ふうっとため息を吐いた水城はデスクの電話を取り、社長室直通のボタンを押した。

7
マヤの心が黒く染まる。

LINK (ガラスの仮面)

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

⌚ 乙女 で可愛いマヤちゃんには心をくすぐられ てしまい、速水さんには勿体無い!と 思ってしまう程ですv TWIN SOUL ミナ様 美しく繊細なイラストはもとより、大都 笑劇場やパラパラ漫画等、イラストの 枠に収まらない企画が盛り沢山! 次は何が飛び出すのか、更新がとても 楽しみなサイト様です。 転生・非転生は問いません 投稿: 原作: トリップ、転生、成り代わりなど夢小説あるあるのチート系主人公が読みたいです。 「機嫌が悪いな。

5
「マヤ?」 振り返るとそこには誰もおらず、マヤが立っていたそこには2つの小さな小さな水たまり、涙色の湖がそこにはあった。

ハーメルン

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

😩 〇〇社長からお電話が…」 「折り返し電話をすると伝えて」 鳴り止まない電話に頭痛を悪化させながら、水城は関係各所にメールを送り続ける。

15
「もう少しいい子で待っててくれ」 (いい子で、か…) 「悪かったな、待たせて」 どよどよした心が尾を引いているマヤは数分後社長室招き入れられたが、この社長室も真澄には似合っていて自分には場違いに感じられた。

ガラスの仮面投稿部屋<地下室>

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

☏ 積もった沈黙を破ったのは 「もう、いい…」 マヤの小さな声と、扉が開いて……閉じる音。

7
100のお題も個人 的にとても楽しみにしています。

涙音色 / ガラスの仮面

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

🤟 自分が悪いと思ってる、マヤがこう感情を爆発させるのも当然だと思っていた、何しろ今日でドタキャンが5回連続だ。 「すまないっ!」 誰かに見られるかもしれない。 流石だとマヤは思った。

White Labyrinth RIN様 爽やかな速水さん、愛らしいマヤちゃ んのイラストを堪能するならこちら。

ハーメルン

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

👣 そんなさくら様の書かれる 小説はガラカメへの愛で溢れてますv Rosemary moe様 丁寧な描写で優しいお話を展開される moe様。

「次はいつ逢おうか」 「…いい。

樹下幻燈会

二 創作 小説 次 の 仮面 ガラス

✆ 外で声をかけてくれた警備の人も、一階で声をかけてくれた社員もその1人。

20
(恋愛ってめんどくさい、と私が思うのも当然だわ) 行かず後家なのは真澄様のせいだわ、と水城は真澄に半ば八つ当たりのようなことを思いながら私用の携帯電話でマヤに電話を掛けた。