ご 当地 ブス 集め。 セガ最初は「サクラ革命」を断っていた事が判明w「ディライトワークスを信じてたのに・・・」 インタビュー 脚本

セガ最初は「サクラ革命」を断っていた事が判明w「ディライトワークスを信じてたのに・・・」 インタビュー 脚本

当地 集め ご ブス

⚓ ヒロインは、真宮寺さくら。 かわいすぎる。 -「サクラ大戦らしさ」のテーマについて。

6
関連記事: 『サクラ革命』を少しずつプレイしている。

そのサジェストはひどくない!?[サクラ革命]

当地 集め ご ブス

🖐 かわいい。 その後、 3でいちど無難路線にかなり振ったが、その反動か 5ではほぼ全員攻めすぎという逆方向への振り切りがあった。 -ディレクターの池大輔(ディライトワークス)が、松崎史也の舞台を見に行って、興奮しっぱなしになり、「これだ!これしかない!」と思って、その場でオファーした。

1
-4~5年前、セガは「サクラ大戦」のスマホゲームの開発パートナーを探していた。

セガ最初は「サクラ革命」を断っていた事が判明w「ディライトワークスを信じてたのに・・・」 インタビュー 脚本

当地 集め ご ブス

😁 (言ってる事めちゃくちゃなんだけどw) セガ最初は「サクラ革命」を断っていた事が判明w「ディライトワークスを信じてたのに・・・」 サクラ革命の脚本は、ゲームシナリオ初心者(経験なし) -サクラ革命の脚本は、ゲームシナリオ初心者の劇団員の松崎史也が担当した。 作品をまたいでバランスを取ってきやがった。

1
きみ、出てくるゲーム間違えてるよね?絶対 司令官のことプロデューサーって呼ぶよね? キャラクタークリエイトできるゲームでランダムボタン押したときにできるやつ。 」(笑)のキーワードがあった。

そのサジェストはひどくない!?[サクラ革命]

当地 集め ご ブス

✆ -劇団員でゲームシナリオを書いた事がない松崎史也氏は、「僕じゃない方がいいのでは?」と断ったが、池大輔(ディライトワークス)が懇願して引き抜いた。

1
アイマス2以降の律子っぽさがあるな。

セガ最初は「サクラ革命」を断っていた事が判明w「ディライトワークスを信じてたのに・・・」 インタビュー 脚本

当地 集め ご ブス

⚑ 必殺技だけはめちゃめちゃイロモノだけど。 初代当時のヒロイン6人のキャラクターデザイン的な評判だって、明らかに無難でウケがよかったのはさくらとすみれだけで、ちょっと攻めたのがマリアとアイリス、かなり攻めたのがカンナと紅蘭だったからな。

5
サクラ革命は、サクラ大戦のすべてです。

セガ最初は「サクラ革命」を断っていた事が判明w「ディライトワークスを信じてたのに・・・」 インタビュー 脚本

当地 集め ご ブス

🤛 サクラ大戦じゃないやん。

5
-松崎史也氏「サクラ大戦は、大きな歴史があるIP(シリーズ)で、ゲームの脚本とセリフは、舞台の脚本とは絶対違いますし、正直とても怖かったです」(その直感当たってる😉) -ディライトワークスの池大輔ディレクター(開発の総監督)「脚本の松崎さんと僕が一緒に作り上げた物語を、ひとりでも多くの方に楽しんでもらえたら。

そのサジェストはひどくない!?[サクラ革命]

当地 集め ご ブス

👎 でもまあ、それらの言い方はひどすぎると思うけど、そう思う気持ちはわからなくもないんだよな。 いや、でもね、彼女たちの名誉のために言っておくと、3DCGで見たときの最初のインパクトがあれなだけで、 キャラデザの元イラストを見るとみんなすごくかわいいし、3DCGも見慣れてくると愛着湧いてきますからね。

17
。 声優は、横山智佐。

そのサジェストはひどくない!?[サクラ革命]

当地 集め ご ブス

😀 そういう意味では、すごくサクラシリーズらしさのあるヒロインたちだとも言える。

19
Vtuberかよ? 頭からぶっといブルーアロエが2本生えている。 サクラ革命開発者インタビューより 左から、サクラ革命ディレクター池大輔(ディライトワークス)、プロデューサー岡村光(ディライトワークス)、プロデューサー木原卓(セガ)。

そのサジェストはひどくない!?[サクラ革命]

当地 集め ご ブス

👍 -当時の提案書に「日本、奪還。

12
-とはいえ、「サクラ大戦」シリーズの一つであるので、サクラ大戦らしさについても、池大輔と話し合った。 誤解じゃなくてガチのご意見じゃねーか。