吹聴 読み方。 「吹聴」とは?意味や使い方を解説します!

吹聴(ふいちょう)の意味とは? 使い方や類義語などを解説

読み方 吹聴

🙂 うわさ。

6
「吹聴」の類語と使い方 「吹聴する」には、「言って回る」という意味がありますので、同じような意味合いを持つ言葉が類語となります。

吹聴(ふいちょう)の意味とは? 使い方や類義語などを解説

読み方 吹聴

🤭 「喧伝」と「流布」の違い 「流布」は< るふ>と読みます。 いろいろな人に言いふらすこと、多くの人に言い広めることを表します。 「吹聴」は、自分の身の回りなど、狭い世の中に広まる意味合いがあります。

19
「喧伝」と似た言葉には「宣伝」や「吹聴」があるので、だいたい「人に何かを伝えること」「誰かに何か言うこと」という意味を推測するのではないでしょうか。

「吹聴」の意味や使い方の例文! 類語や注意点も知ろう

読み方 吹聴

🤫 したがって、「吹く」が含まれる 「吹聴」は、ネガティブな意味になります。 ・自慢話を 吹聴して回る ・根も葉もない噂を 吹聴されて迷惑している ・A社はライバル社の悪評を 吹聴したことで、逆に自社の評価を下げる結果となった ・あることないこと 吹聴しないでもらえますか! 「吹聴して回る」といった表現も可能。

15
29 「喧伝」の意味と読み方、使い方、「宣伝」「吹聴」との違い 「喧伝」という言葉をご存知でしょうか。

吹聴の意味や読み方・吹聴の類語とその使い方例文6つ

読み方 吹聴

🚀 「彼は自分の自慢話を吹聴する癖がある」という例文は、「彼は噂をするのが好きだ」と言い換えることができます。 また、流布は考え方・評判などが広まることを表現しており、基本的に吹聴のようなネガティブなイメージはありません。 ビジネスシーンでの「拝聴」は主に、目上の相手のプレゼンテーションや講演・取引先の話を聞くときに使われます。

KRTテレビ 現在のTBSテレビ で、海外ドラマとしては日本初放送となる『カウボーイGメン』が放送されたのです。

吹聴の意味や読み方・吹聴の類語とその使い方例文6つ

読み方 吹聴

🤜 「すいちょう」「ふうちょう」とは読まないように注意しましょう。 com 「吹聴」の意味と読み方 「吹聴」の意味は、「(自慢話や他人の噂話を)言いふらすこと、言い広めること」です。

19
「吹聴」の「吹」は、この吹奏楽などで使われる読み方は使いません。

「すいちょう」ではない「吹聴」の読み方と意味、使い方、類語、英語表現を解説

読み方 吹聴

✋ または、「見たことはあるけど、正しい読み方ができているかどうか自信がない」、そういった人も多いかもしれません。

さて、2問目は「 替」という字の入った言葉のクイズです。